2008年02月09日

山頂晴れて

山頂晴れてをYouTubeで発見です。
久しぶりの感動ですね!この人は誰だろうと興味が沸きました。
壮大で緻密なサウンドや独特な歌声と難解な歌詞でよく解からない所もかなり良いです。
平沢進さんのヴァーチュアル・ラビットツアーライブらしいです。
かの有名な歌姫の戸川純さんも参加してました。
歌詞をインターネットで探してみましたが見つからず耳コピーで適当です。
しかし戸川純さんのパートの歌詞が聞き取れなくて「ビルを今貫けて」の所は自信が全く無い。
どうしても「みる」言っているように聞こえるが他の言葉は浮かばないので仕方なくビル
この歌詞にカタカナが入らない気もするけど...


山頂晴れて 作詞/作曲平沢進


いざ地を行け空想の 山頂晴れてそびえる 心は静かなり さあ行け星の混沌は 緞帳下げて震える
あ〜風が鳴くわ ビルを今貫けて あ〜人が往くわ あても無く道に
山頂晴れてそびえる

友来たりて 未来は 惨憺たると教える 心は時の外 気奮わせと老朽の だんだん海は波立つ
あ〜人が泣くわ 夢はまた消えて あ〜雨が降るわ 窓を今濡らし
だんだん海は波立つ
山頂晴れて 山頂晴れて 山頂晴れて 山頂晴れて

枯れた花に万全の 道しるべ読みわけ 勝鬨はここにある 君よ今に燦然と踏み越えて輝く
あ〜花が散るわ 夢はまた消えて あ〜人が居るわ 1人ただ道に
山頂晴れてそびえる
山頂晴れて 山頂晴れて 山頂晴れて 山頂晴れて
山頂晴れて 山頂晴れて 山頂晴れて 山頂晴れて


平沢進
YouTubeに見に行く

平沢進情報


1979年、テクノ・ポップ・バンド P−MODELのリーダーでヴォーカリストとしてブレイク。80年代に8枚のアルバムをリリース日本のテクノ界のニュー・ウエイヴ・シーンで熱狂的な支持を得る。
1989年からソロ活動を開始し、現在までに『時空の水』『サイエンスの幽霊』『ヴァーチュアル・ラビット』のオリジナル3部作をリリース。
独特なテクノ・サウンドを確立し、平沢進ワールドを展開している。
ソロ活動と並行して1992年2月には『P−MODEL』を発表。
また『デトネイター・オーガン』『剣風伝奇ベルセルク』『千年女優』『妄想代理人』『パプリカ』など、多くのサウンド・トラックも手がけている。
インターネットの可能性にいち早く反応し、インタラクティヴ・ライヴや楽曲のMP3配信などを試みてきた人物でもある。
NO ROOM-The official site of Susumu Hirasawa(P-MODELオフィシャルサイト)
平沢博物苑

posted by こばんち at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeで見つけた動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。